楽器日誌

楽器日誌

  1. トップページ
  2. 楽器日誌
  3. 【電子ピアノ修理】鍵盤が戻らない!

【電子ピアノ修理】鍵盤が戻らない!

ピアノ 2020年3月20日

こんにちは!岩﨑です。

クラビノーバをはじめとしたヤマハ電子ピアノシリーズをお使いの方で、「鍵盤の戻りが悪い(戻らない)」症状でお悩みの方が多いようです。

実際にアツタにご依頼いただく修理内容でも、この症状はかなりの件数を占めています。

今日はこの「鍵盤の戻りが悪い」症状についてご紹介させていただきます!

なぜ鍵盤の戻りが悪くなるのか?

細かな要因は様々ありますが、今まで修理させていただいた経験から、よくある2つのパターンを紹介いたします。

まず1つは、「鍵盤パーツの摩耗」です。

ヤマハ電子ピアノの多くは、鍵盤が1つずつフレームに収まっているのですが、鍵盤のフレーム接触部が摩耗して動きが悪くなる場合があります。また件数は少ないですが、フレーム部だけでなく、鍵盤下に入っているスプリング(板バネ)の接触部が摩耗/割れているケースも。

いずれも、該当の鍵盤を新しいものに交換することで症状が改善します。修理の所要時間は1時間~1時間30分程度です。

2つ目が、「クッションフェルトの落下」です。

鍵盤ユニットには、打鍵音を小さくするために「クッションフェルト(ストッパーフェルト)」が入っています。

IMG_1757.JPG

通常は↑のようにフレームにくっついているのですが、湿度や温度の変化によって、このフェルトが落下してしまう場合があります。

IMG_1759.JPG

フェルトが落下すると↑のようにハンマーの戻りを途中で止めてしまい、鍵盤が上がりきらなくなってしまいます。この原因の場合ですと、1つではなく、1~数オクターブの広い範囲にかけて鍵盤が戻らないことが多いです。またフェルトが落ちることでハンマーが直接フレームに接触するため、強打鍵時に「カタン」と大きな音が聞こえることもあります。

こちらの場合は、フェルトを新しいものに貼り替える事で症状が改善します。所要時間はこちらも1時間~1時間30分程度。電子ピアノフェルト関連の修理記事はコチラもございます。

鍵盤周りの修理は、治りやすい?

電子基板と違い、鍵盤関係のパーツは後継機種を代替えパーツとして使用することができるため、上記の様な症状でしたら生産終了後10年以上経過しても修理対応が可能なケースが多いです。

弾き心地に直結する重要な部分ですので、お困りの際はぜひアツタまでご相談くださいませ!お問合せ、ご相談はコチラから。→お問合せフォーム

 

アツタ楽器では、ヤマハ製電子ピアノ/エレクトーンの出張修理も承っております。(出張費は有料です)

お問合せ、ご相談はコチラから。→お問合せフォーム

↓その他電子楽器修理に関する記事です。

「電子ピアノ 鍵盤からカタカタ音がする」

「電子ピアノ 特定の鍵盤だけ強く音が出る」

「キーボード修理レポート!「鍵盤のぐらつき」編」

「電子ピアノ  スピーカーから音が出ない」

---------------------------------------------

 

松江市、出雲市、大田市、雲南市、奥出雲町など、島根でピアノ・管楽器の購入、修理のご相談は是非アツタまで!

皆様のご来店・ご相談を心よりお待ちしております。

 

---------------------------------------------

インスタグラム始めました!

 

ピアノ用語集はこちら!

 

試弾できる!アツタピアノ在庫一覧

 

ピアノ選びのQ&Aページ

 

お客様の声一覧

 

--------------------------------------------

↓各種楽器買い取りも行っております。

中古ピアノ買い取りについてはこちら!

中古管楽器買い取りについてはこちら!

-------------------------------------------

最新記事

楽器でお困りなこと、何でもご相談ください。

関連リンクLINK

アツタ ヤマハ音楽教室 アツタ 大人の音楽教室

CALENDERカレンダー

 2020年2月 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ一覧

SHOP店舗情報

アツタ楽器

島根県出雲市渡橋町1210
TEL. 0853-22-7322
FAX. 0853-22-7860
営業時間:11:00~19:30
定休日:毎週木曜日